記事一覧

仏教出版では新刊「儀礼学概論」をリリースいたしました。

「儀礼学概論」A5判 横組み 560頁Amazonへのリンク著者キャサリン・ベル(Catherine Bell)サンタ・クララ大学教授(1985-2008)。1982-83には日本に滞在し、聖心女子学院と国際大学に在職した。2008年没(満55歳没)。著作には本書の他にRitual Theory, Ritual Practice (1992) などがある。 訳木村敏明神奈川県生まれ。東北大学文学部卒業後、同大学院博士課程後期三年の課程修了。博士(文学)。弘前大学講師、東北大学准教授、ハーヴァード・イェーンチン研究所客員研究員などを経て現在、東北大学大学院文学研究科教授。専門は宗教学、宗教人類学でインドネシアをフィールドとした調査研究に従事している。訳早川敦(祥賢)東北福祉大学特任准教授(2015年より)。曹洞宗地蔵寺徒弟。Ph.D.本書では、儀礼という現象のさまざまな次元をより総体的かつ実際的に紹...

アーカイブ

携帯サイトのページ


PC版と同じURLです
URLをメールで送る